わたしは毎日、文学文を創作しています!

わたしは毎日、文学文を創作しています!
いわゆる、読み物やつぶやき、ポエム、コラムなどの作文になりますが、これを毎日続けています。
こういう創作という仕事は、ヤツにおいて本当に大切で、とくに継続していけば、「ヤツに自慢できる専業」になる趣旨ダヨ。
どうしても、皆さんも「内面を創作できる仕事」を続けて下さい(初めに言っておきます)。
前日も、こういう創作作文を通していました。こういう仕事を二度と、20歳上記も続けてあり、一週前方で「25周年」を迎えました。
まず、祝杯をあげて置きました。
作文種目(どういう作なのか)をいうと、上記に沿った形で、日々のメモから訪れ、そのメモから得た意見や熟考・思想・流儀をまとめて、1つの読み物にする仕事だ。
薄いつむじを克服する

読み物の台数はとっくに、10000作を弱く越えています!
上、漫画などのアニメ作・文も手掛けていまして、こちらは読み物やコラムほどではありませんが、常時に上っています。
あ、そんなに、上オリジナルの歌も作っているのです!こういう歌の台数もなんだか500作を越えていて、こちらも最近で15周年を迎えましたので、読み物の祝杯と共におみやげしておきました。(ところがついでにやった祝杯の思い込みでしたので、歌は歌でまた、一概に祝福してあげたいと思います。)。

超高齢お産で男女の双子を授かりました。生

超高齢お産で男女の双子を授かりました。生まれてもうすぐ、お世話をしてもらっていたナース君には、「ふむふむ、この子ハンサムねー」っと褒められ、私も腹黒い意思はしませんでした。出先に散策にでかけると必ず「この子陣は双子なんでしょう?すごーく明るいわねー」と言われることがおおいだ。立ち止まって双子をみつめながら、微笑む方々が頻出、別に母親で年寄りの人達多いですね。この前は個々夫妻と出先で立ち話を通じていた事、年寄りのご女が双子の身近をかなり長く離れようとしないのです。秘訣をさわったり、頬っぺたにさわったり、うっとりとみつめていたのです。なんで、望ましいかというと、男児の者は長い睫毛に大きなお目線々、眉毛はきりりと男児らしく、唇はまだまだおちょぼ口で、アウトラインは丸っこいだ。お嬢さんもお目線々はものすごくまつげはクルッってカーリー。これは宿命ビューラー無しもいただけるのではと思います。検診の時に小児科の教員さえ、男児をみた残りに、「この子は目線が高いねー。
VIOの黒ずみ対策
宿命モテちゃって、常々違う彼氏を連れてきて、婦人怒っちゃうかもねえー」っとネタで言うほど甘いだ。

それぞれ知っていますか。日本には「日本

それぞれ知っていますか。
日本には「日本三大まんじゅう」というものがあることを。
ぶっちゃけ自分は知りませんでした。
「日本三大桜(根尾谷淡墨桜、山高神代桜、三春滝桜)」しかり、「日本三グラウンド鶏(名古屋コーチン、比内場鶏、薩摩場鶏)」しかり。
あるらしいですよ、三大まんじゅうというものが。
因みに「日本三大まんじゅう」は、都内の「熱意ほせ饅頭」、岡山の「大手まんぢゅう」、そうして福島の「薄皮饅頭」だそうです。
あ、「大手まんぢゅう」の「ぢゅ」は誤字ではないのであしからず。
そんなわけで、知って直ちに、自分はその三大まんじゅうのうちのひとつ、福島の「薄皮饅頭」をお取寄せしてみました。
本当は自分、「共和」の地味でおしとやかな甘いものが大好きなんですよ。
当然「洋」も好きなんですけどね。
むしろ、お菓子に寄らずともご飯一切大好きです。
おしゃべりが逸れましたが、リピートしますがそんなわけで「薄皮饅頭」を取り寄せてみました。
ネット上で強調といった査定は上々のようですが、じつはわからないのが馴染だ。
さぁこれはどんなに、との規模で届いたその数分後にさくっと実食してみました。
ほっほーう、とネットの写真さながらの実機を見て直感が漏れたのが一部。
そうして食べた本音として、あーこれは名菓としてセリフ無いなっていうのが一部。
びっちゃけますと喜ばしいですね、こいつ。
日本ならではの地味でしっとりすっきりした甘さに、実際皮がない!
「写真なんてどっさりケア出来んじゃん!」て思いますよね。
彼女の脇の匂いが臭い

本当は、私も思っていました。
も素晴らしいですね、写真といった実機が一致しているのって。
これって、脚色が総数増加のこの世で「空想という変わりない」ってのは、本当は強いことなんですよ。
創設100階級以上のキャパシティは、何よりさすがですね。
徹頭徹尾「皮」の部分は可能な限り低く、そうして肝心の「餡」の部分はこれでもかというほどびっしり詰まってます。
形だけでいうと、甘いものが苦手な個々は、見ただけで胃腸一杯になることでしょう。
も、実に食べてみたらコレ、余裕で2、3個イケちゃいますよ。
愛らしいんですけど、じつは甘さ地味で後味もそこまで残らず、形のわかりやすさとは裏腹にすごく上品なんですよね。甘さが。
自分が取り寄せたのは「こしあん」ですが、その内に必ず「つぶあん」も注文してみたいと思います。
皆さんも興味がありましたら、「日本三大まんじゅう」の「薄皮饅頭」をご試食くださいませ。

田舎町に住んでいる。都心化が進んでいる

田舎町に住んでいる。
都心化が進んでいるとはいえ、まったく自然の多い置き場だ。

そんな状況か、愚息の向かう塾が愛鳥立案校になっています。
愛鳥立案校になるとそれなりに職歴をあげる必要があるとかで、
教員方も苦労している様子です。

愛鳥アクティビティーの一環として、愚息の講義でも野鳥のために巣箱を作ってあげましょうに関してになりました。

そんなこと、過日なら講義の皆が協力し合ってやったものです。
それが今回は、各自が巣箱を作って木に架け、その後の実施状況も観察するということが宿題となりました。

面倒くさがり屋の愚息は、出来たら巣箱なんか創りたくない、巣箱は山中の木にかけるのが好ましいらしきけれど、山中に行くのもしんどいと言い出しました。

それじゃあ、どうするんだい、と見ているとボツボツ言いながらも実に始めました。

前もって、巣箱の購入。

アパートでは以前までセキセイインコを飼ってあり、そのセキセイインコ用の古めかしい巣箱が物置に転がっていました。

セキセイインコ用の巣箱は独特の流れを通じてあり、今作ることになっている野鳥用の巣箱は流れが思い切り違う。
何より巣口がさっと広くなっている。

愚息は、木の洞の代設備なのだからどっちも同じだと言いだし、セキセイインコの巣箱を使うと決めました。
ただ、結構、板を切り貼りし、とくに巣口は少し板で塞いで小さくしていました。

これで巣箱は出来上がりました。

山中にもって出向くのはお断りというが、ではどこに架けるのだ?

マンションの庭園に大きな木でもあればそれに架けて終わらすという手もあります。
ただし残念ながらアパートにはそういった木はありませんでした。

そうなると愚息が言いました。
「居残るよ、それも2正規もです。」

アパートには洗濯干しフィールド用のベランダが二階層にあります。
そのベランダは2正規のメタル性柱で配下から支えられている。

愚息があると言ったのは、そのベランダの支柱のことでした。

ここに架ければ山中に行く必要はないし、野鳥が巣箱によるかどうかも簡単にわかると、愚息は大ノリノリだ。

おい、おい。

巣箱をかけて、早3か月。
シジュウガラという野鳥が養育通り掛けだ。
股が臭い対策

でかしたぞ、やっぱりわが次男です。

当社アベックの取り得は、相互がいよいよ付

当社アベックの取り得は、相互がいよいよ付き合った対象です。
タカアンドトシのトシさんも、確か婦人としか付き合ったことがないとTVで話していましたが、旦那もマミーも、対象が冒頭で最後の対象は相当いないのではないでしょうか。
ようやく会ったのはハイスクールのあたりでした。社交が始まってから結婚するまで、紛争は何度もしましたが、離れるほどの大紛争はありませんでした。本当は進学点、新天地ともに長距離恋の距離でしたが、マメに連絡を奪い取り、アルバイト代金をつぎ込んで逢う瞬間を作った結果社交をキープさせ、実質付き合って10年頃で結婚式しました。
ビットコインの相場
此度、結婚して5年頃ですが、今でも付き合い出発のあたりのように仲がいいだ。昔の話をしても、おんなじ事例をしているので直ちに分かり合えるし、なにより、楽しいメモリーは夫婦で一緒に経験したことばかり、だというのはとてもいいです。間もなく、運命の半分限りを主人と過ごしていることになるのですが、近々が余計楽しみです。

小さい頃に女房がよくピアノを弾いていて、それを訊

小さい頃に女房がよくピアノを弾いていて、それを訊くのが穴場でした。それで私もはじけるようになりたくてピアノを習うことにしたのですが、ピアノレクチャーで極めてついていけなくって、ピアノを習う事が不愉快になってしまいました。家では妻がピアノの弾き方を教えてくれたのですが、妻はハイスクールでピアノ学科に頂けあって、授けるほうが著しいのです。自分は妻の剣幕に確率をなし、怖くなってそこでピアノの真剣に習うことは止めてしまいました。
こんな道のりはありましたが、相変わらず妻のピアノを訊くのが穴場でした。
がぶ飲み水素水サーバー
ただし、妻は自分が中学校くらいになるってほとんどピアノを弾かなくなってしまい、やがてピアノを弾くことから離れていたためか、テクニカルにも弾けなくなってしまいました。ピアノはリビングに飾られたままになってしまいましたが、時にその頃の記念が蘇ります。私も今でもピアノを習っていたら、小児ができたときに聞かせて売ることができたのかというとまだまだ残念です。

この間本当に好ましい空模様だったので、洗濯タイプ

この間本当に好ましい空模様だったので、洗濯タイプも外側に干して、布団もバルコニーに醸し出しっぱなしでお出かけしていたのですが、空模様危惧を全然見なかった結果、夕立が来るですなんてまったく知らずにお出かけしたら、依然として3折ごろであたりは明るかったのですがイキナリ雷がなり始めて、これはスゴイ!と思い大急ぎで民家に戻ったのですが、後の祭りでした。我が家の皆様では今やかなりの量の土砂降りが降っていて、洗濯物はもちろん、バルコニーに醸し出しっぱなしだったお布団もビショビョに濡れてしまっていました。意外と低質で、敷布団を持っていくのはいとも重たくてヤバイでしたが、家では乾かないので所作がなく近所にあるコインランドリーにあっという間に持って行きました。完全に乾くの一時間ほど掛かってはなはだヤバイでした。初めて乾きチャンスが終わって帰ったところ濡れたままの洗濯タイプがある事を思い出しました。
ビットコインを取引する取引所ランキング
いきなりの雷雨で正に災難にあいました。これからは立ち寄る前に全部閉まってから行こうと思いました。

ボクは幼稚園の位からハイスクール2年生まで週間に

ボクは幼稚園の位からハイスクール2年生まで週間に1回ペースでピアノを習っていました。
ピアノは習い事の中で大好き結果、自分だけの実情に混ぜる気晴らしの方法でもありました。
小学生高学年から中学生までは、毎年学年代表で合唱の伴奏をしたりと傍らからも容積を認められていてちゃんと穴場で夢中になる産物でした。
当時のボクにとってはなくてはならないものがピアノだったのです。
但し、ハイスクールに上がってからは、部活が忙しくなりピアノから離れていきました。
ピアノの学習は欠乏し傾向で、ひどい際なんて、はじめウィーク一度も学習せずにピアノの医者のもとへ行くこともありました。
もちろん叱られますから、だんだんとピアノの医者に会うのも億劫になっていました。
目下自業自得だとわかりますが、当時は「これ程慌しいのに、何故医者はここまで手厳しく怒るんだ。」と的外れな癇を持つことも重ね重ねでした。
そうしたら程なくして、医者がピアノスクールをたたむ実例になりました。
ボクが通っていたピアノスクールは個人経営のスクールだったのですが、医者の義親の介護が始まりスクールを積み重ねるのが困難になったのです。
デリケートゾーン 臭い 対策

そこでなんとか、ボクは「なんでより真剣に学んでおかなかったのだろう。」「いまだに習いたい曲はたくさんあったのに。」って自責しました。
一生でひときわ後悔したのがこういう出来事だ。
ボクにとりまして人並みだったピアノってピアノの医者は、本当は当たり前ではなかったのだと思い知らされました。
その後、他のスクールへ伺うガッツなど微塵も起きなかったボクは、医者に教わった曲を弾きながら、その工学が落ちないようにだけ気を付けて練習していました。
最近、結婚して家を出てからのボクにはピアノは手元にありませんし、金銭的不調だけでなく住まいバックグラウンドも合わさって購入することができません。
ピアノを弾きたいと思いながらも弾けない切歯扼腕って向き合いながら、医者の教えてくれたことを大切に、毎日毎日を過ごしています。

日本に水に対する箇所が、点在しております。列島で

日本に水に対する箇所が、点在しております。列島で山々といった海へのキロが、少ないので山々の自然構造で海のミネラルや魚の海産ものへの衝撃が、非常に重要になります。水も同様に水源の地面時機といった自然(落葉樹地域の構造)で水源の貯蔵することになりますので、水の内容って水害などの自然のダムとしての作用を編み出す。別途、美味い水を提供してくれることになります。日本の方々は、現在も活動している火山地帯といった噴火を繰り返しで、その地面を肥やしていらっしゃる。又、水はけのかわいらしく、伏押し出すとして、存在しております。その良いサンプルは、富士山の各地で参照陥る湖や滝、伏流水として、市民に貴重な水を提供しております。これも火山のおかげです。各地に名水100選位とありますが、色々な指標あります。結局、地震での影響で、拠点の遷移などで水源が、大きく変化してしまうことになりました。今後も色々な結果変化する場合もあります。基本は、私達の水の保護や分裂といったやり方を考える時分になります。水の気構えが、貰うご時世ですが、貴重な水であることは、変わりません。
にんにくサプリ

先日、東京から地元に引っ越してきたボクですが、東

先日、東京から地元に引っ越してきたボクですが、東京といった地元との溝を何やかや感じています。都会にも当然いいところはたくさんあるのですが、地元にだっていいところはあります。田舎のトップいいところは、やっぱ、自然が多くイメージや水がきれいな結果はないでしょうか?それほど、こちらに越してきた時、印象的だったことは、水道水の味の違いだ。都内にいた時は、どんなに重くても、毎日のように、水を買って舞い戻ることがワンパターンでした。時にはネットでまとめ買いしたり、外も、オート発売機会で水を買わないお天道様は、ほとんどありませんでした。元々地元生地という力不足もありますが、ボクは、水には執着心があるユーザーだ。なんでも食べられるし飲めるボクが、都内で唯一禁止だったのは、水道水かも知れません。そのカルキ臭さは、煮沸したくらいでは、総じて変化はありません。強烈なんです。それに見比べ、地元に帰って来て驚くのは、水道水が普通に飲めるについてでした。歯みがきやるときに思ったのですが、口にふくんです水が、うまいのです。やはり、水や浄水ケースの水もののまろやかさはありませんが、でも、普通に飲んで適切程度です。水はデイリー飲み込むし、料理にも欠かせないものですから、浄水ケースやペットボトルの水などに頼らず、水道水が飲めたら、はなはだ経済的ですよね。いやあ地元もいいな・・そんなに思った際でした。
持ち運べる水素水ボトル