しばしば思うんです。なんでピアノ実習がこれだけ

しばしば思うんです。
なんでピアノ実習がこれだけたくさんあり、父兄はお子様にピアノを習わせようとするんだろう、と。

昔から頑張ってピアノを習い続けてどんなに色々な曲がはじけるようになっても、社会人になり独り暮しも始めれば、ピアノを存分にはじける環境に住めるような者はごくごくわずか、大半の者はピアノをさっぱり弾かなくなるか、私のように「なるほど、何となく本物のピアノが弾きたいな~」といった意欲しながらイヤホーンをつけて電子ピアノをカタカタ轟かす日々を送っているのではないでしょうか。

なにせ防音工事をすれば100万、200万、という単位でお金がかかりますからね。
ホビーのピアノにそういった巨額な相場はなかなか行えるものじゃありません。

ピアノを弾きたいのに弾けない・・。
これって随分フラストレーションだ。
いっそ弾けなかったらそんなフラストレーションも感じずにすんですのに、って思ってしまう。

ピアノが好きであればあるほど、ずいぶん切実な問題ですよね。xn--qkqv5ivqb0x0ae7eo1v9gfxnriiica.xyz